男子大学生のヒゲ脱毛

HOME > ヒゲの脱毛

ヒゲの脱毛

 

男子もムダ毛が気になる


ムダ毛は女性だけでなく男性もムダ毛は生えてきます。

男性のムダ毛で最も気になる部分のひとつ。

それは、ヒゲですね。

男性の場合、早い子は中学生から高校生になるとほとんどの男子が

ヒゲが目立つようになります。

男性のヒゲの自己処理と言えば、T字型のカミソリですね。

中には電動シェーバーで処理してる男の子もいますが、

高校生のお小遣いで気軽に買える身近なムダ毛処理方法ですね。

男子の場合も個人差でヒゲの薄い男子から濃い男子までひとそれぞれですが、

それまで頻繁に剃ってない分、カミソリの刃で肌表面の角質なども削り取り、

その刺激で肌がヒリヒリするカミソリ負けを起こしたりします。

肌の白い男の子の場合は剃っても黒いブツブツとして目立ち、

ヒゲが濃く見えてしまいます。

高校生となると、異性である女の子の視線など気にする年ごろでもありますね。

異性に対して敏感になってる時期に、ヒゲが濃いことがコンプレックスになります。

10代の未成年の男子にとってヒゲは、自分の父親世代の男性に生えてるイメージ。

それが、いつの間にか自分の顔に黒い毛が生え、見た目が悪く、

突然、大人の男になってしまったように感じるくらい衝撃的な事。

10代の男の子にとってヒゲが濃いという事は、とても重要な問題です。
 

男子も脱毛


ヒゲの処理にはカミソリや電動シェーバーなどありますが、

毎日のように頻繁に剃ってると肌がカサカサしてきたり、

ニキビも一緒に削っていしまい切り傷を負ってしまうこともあります。

電動シェーバーは肌にキズをつけにくいので安全性が高いですが、

剃り残しや剃った後のつるつる感がいまひとつ。

そのように仕上がりや肌の負担をなくすためにも、脱毛がおすすめです。

脱毛というと、女性がする美容行為のイメージがありますが、

最近は、美容意識の高い男性も多く、男性が脱毛することは珍しくありません。

しかし、脱毛するとなると費用もかかります。
 

脱毛に必要な事

 



本人が「脱毛したい」と言っても、簡単に納得する親は多くないと思います。

一言で脱毛と言っても、安い買い物ではありませんね。

脱毛に理解ある家庭なら、費用を負担すると思いますが、

それは一部の家庭で、脱毛に理解があっても費用まで負担。

と言う家庭は少ないですよね。

脱毛費用を負担してもらえないからアルバイトなどでお金を稼ぐことになります。

高校生では時間も限られますが、大学生になると、

授業の予定など自分で時間の調整もできるので、比較的時間に余裕もできます。

また、混雑しやすい土日祭日を避け平日の昼間などに予約を入れらるのなら、

予約も取りやすく、脱毛コースが順調に進められるので、効果も現れやすいです。

もうひとつ大切な事は、大学生でも未成年の場合は親の同意書が必要になります。

記入用紙は、希望する脱毛店のサイトからダウンロードできることが多いので

そこからダウンロードするか、直接店舗に電話で問い合わせます。

そして、必ず親に必要項目に記入してもらいます。

そこで大切な事は、決して兄妹や友達に代理記入してもらわない事です。

文章偽造になるので、どんなに手間でも必ず親に記入してもらいましょう。

また、店舗によりますが、事前に店舗から親に確認の電話が入ったり、

カウンセリング当日は保護者同伴という場合もあります。
 

綺麗な肌に


ヒゲは、デザインヒゲとして生やしてる方もいますが、

綺麗な肌で清潔感を好む方にはヒゲはなくしたいムダ毛です。

カミソリで処理してもすぐに生えてくるのでまた剃ります。

その繰り返しを続けてると肌に負担もかかり、

刃だが汚くなってしまうこともあります。

自己処理の手間や肌を綺麗に保つために脱毛はおすすめします。

脱毛してヒゲが生えて来なくなれば、ヒゲを剃りなど

自己処理する事が少なくなり剃り残しや、

カミソリ負けなどの肌の悩みから解放されます。

綺麗で清潔感のある肌に自分に自信が持てるようになり

充実した学生生活が送れますね。

 

テレビCMなどで有名な店舗

脱毛サロン(光脱毛)


脱毛クリニック(レーザー脱毛)

 


PAGE TOP